採用情報

採用について

■情報提供

 採用情報のページにようこそ。このページでは、先ず、特許事務所をお探しの求職者様にとって参考になる情報を提供します。

 現在、格差社会、産業の空洞化、少子高齢化、人口減少等々、日本全体のパイが縮小しています。知財業界もしかりです。

 特許庁ステータスレポート2015より「数字で見る知財動向」特許出願件数の推移(2005-2014)によれば、日本での特許出願件数はリーマンショック以降ほぼ3/4に減少しています。このまま何もせずに手をこまねいていれば、知財業界は斜陽産業へまっしぐらです。特許事務所の中には、このような状況に危機感を抱き、何らかの対策を講じようとしているところもあります。特に若い求職者様でこの先20年30年と特許事務所で働こうとお考えの方は、このような点を考慮して特許事務所を選ぶことをお勧めします。

 

■弊所の取り組み

 パイが縮小しているのであれば、新たなパイを創り出そうではないか!

 今後の知財業界では、「生まれた発明を育てる弁理士」から、「発明が生まれる土壌作りから支援する弁理士」へのパラダイムシフトが、必要不可欠と考えています。具体的には、企業の知財経営コンサルタントというフロンティア領域に進出します。単なる知財に限定したコンサルではなく、知財を下支えする土台部分である事業戦略から課題を掘り起こした上で、知財を絡めた解決策を提案するというもので、広い視野が必要なフロンティア領域です。この「フロンティア領域を切り開くワクワク感」を私たちと一緒に味わってみませんか。

 さらなる取り組みとして、企業にとって利益を生み出すことのできるイノベーションを研究しています。「先読み式イノベーション」というものであり、未来に生まれる巨大ブルーオーシャンを特許で先取りするというものです。詳しくは、「谷藤特許事務所の未来模索ブログ」2015 11-01の「未来型ブルーオーシャン」から2015 11-10の「未来型ブルーオーシャンでの事業化方法(奇策)」をご参照ください。

http://tanipat.hatenablog.com/


 最後にもう一度言います。パイが縮小しているのであれば、新たなパイを創り出そうではないか!  私たちと一緒に次の新たなページを切り拓く仕事をしてみませんか。どうぞあなたの力と情熱を私たちに貸してください。

 

仕事内容

日本・諸外国における特許、実用新案、意匠・商標に関する出願、応答、発明の発掘、鑑定、訴訟、知的財産に関するコンサルタント、特許調査、及びCAD等による図面作成

応募資格 夢や志を持ち向上心のある人材であれば未経験者でも歓迎します(急募)。但し未経験者の場合37才位までとし面接時に個別に判断させて頂きます。弁理士受験生を応援します。実務経験豊富な弁理士があなたをフォローしますので、私たちと一緒に「なりたい自分」になりませんか。
待遇

実力主義、成果主義を採用します

福利厚生

交通費支給、各種社会保険、定期健康診断

休日・休暇

土曜、日曜、祭日

勤務地

大阪市浪速区

勤務時間

09:00~17:30