公益財団法人 仙台市建設公社

市営住宅に関するよくあるご質問

Q1: 市営住宅はいつ募集しますか。パンフレットはどこで受け取れるのでしょうか。

A1

市営住宅の定期募集は年4回(3・6・9・12月)で、世帯枠募集は年2回(1・7月)行っています。

募集月の「市政だより」に掲載し、ご案内しております。

また、募集の時期になりましたら「入居募集のごあんない」(パンフレット)は、仙台市建設公社募集課、市役所本庁舎1階市民のへや、区役所総合案内、総合支所、青葉区役所戸籍住民課仙台駅前センター(アエル5階)、各証明発行センター等で配布しております。

 

Q2: 近隣の音がうるさいので、何とかしてほしいです。

A2

当事者同士の話し合いで解決するのが原則になります。相手の話もよく聞いて、お互いの努力で解決しましょう。

それでも継続する場合はご連絡ください。

 

Q3: 来客の予定があり、どこに車を停めればよいかわかりません。

A3

一時的な利用であれば、来客用無料駐車場の申込を受け付けている団地がありますので、総合案内センターにお問い合せください。

断りなく区画以外に車をとめるなどの迷惑駐車は絶対にやめてください。

 総合案内センターTEL(022)222-4881

FAX(022)797-9321

 

Q4: 天井(または配管付近)から水漏れがしてきました。

A4

結露による場合もありますので、ご自分の部屋の窓、トイレのタンクなどを確認してください。結露していない場合、上階などからのこぼし水の可能性があるので上階の方に確認してみてください。

この場合、水を止めることと拭き取りをしないと水漏れが続きます。

 

Q5: 洗濯の排水を漏らしてしまいました。

A5

洗濯機などのホースが外れて水をこぼした場合は、すぐにホースの先を排水口や浴室などに向けて、こぼした水を拭き取り、階下のお宅にお知らせするとともに、責任をもって対処してください。

お互いに感情的にならないよう落ち着いて話し合いましょう。

 

Q6: 警報音が鳴っておりますが、原因がわかりません。

A6

室内で鳴っているのは、火災警報器ですか、ガス漏れ(戸外ブザー)警報器ですか?

簡易火災警報器であれば、ひもか押しボタンがありますので、“ひもを引く”または“ボタンを押す”と警報音は止まります。

インターホン親機から警報音が鳴っている場合はインターホン親機の『警報停止』ボタンを押してください。

ガス漏れ警報器であれば、ガス栓を閉めて換気してから、ガス局(TEL(022)292-6663)に連絡してください。

なお、東日本大震災前後に新築された建物は、メインブレーカーを切ってしまうと1階の火災受信機で警報音が鳴ってしまいますので切らないよう注意してください。

 

Q7: その他、市営住宅のことで聞きたいことは、どこに問い合わせればよいでしょうか。

A7

市営住宅の管理は様々な事業者(下記参照)が分担しており、お問い合わせの内容によって担当する部署が異なります。

そこで、煩雑になる窓口を一本化して利便性を向上するため総合案内センターを開設しております。

市営住宅に関するお問い合わせやご相談であれば、どのようなことでも総合案内センターが受付して、担当者からご連絡を差し上げるよう手配いたします。

 総合案内センターTEL(022)222-4881

FAX(022)797-9321

 

市営住宅の管理を行う指定管理者等

 指定管理者等 主な担当業務 
公益財団法人仙台市建設公社

入居者募集・退去業務、使用料等の収納業務

緊急修繕業務(住戸内)、計画修繕業務

入居者相談対応業務、連絡業務

総合案内センター運営業務 

株式会社東急コミュニティー東北支店

駐車場管理業務(来客用駐車場の受付)

(迷惑駐車の対応)、緊急修繕業務(住戸外)

各種施設設備保守点検業務、遊具点検業務

環境整備業務(除草・樹木剪定等)

一般社団法人仙台グリーン・コミュニティ推進協議会 田子西市営住宅の施設管理(一部)
一般社団法人荒井タウンマネジメント 荒井東市営住宅の施設管理(一部)