東京労音コンサートガイド
Ro-On

USER こんにちは、ゲストさん

ラカトシュ・アンサンブル

ラカトシュ・アンサンブル

アーティストプロフィール

●ロビー・ラカトシュ

超絶技巧の“キング・オブ・ジプシーヴァイオリン“
「世界最速のバイオリン弾き‼」(イギリス 「デイリー・テレグラフ」紙)

1965年、ハンガリーの伝説的ジプシー・ヴァイオリンの名家・ラカトシュ家に生まれる。リストやベートーベンにも影響を与えたという“ジプシー・ヴァイオリン中興の祖”ヤーノシュ・ビハリを祖先にもつ。
9歳にして早くもプロ・デビュー。
ハンガリーの首都ブタペスト「ベーラ・バルトーク音楽院」に進み最優秀ヴァイオリニストとなり、「リスト音楽院」では首席で卒業。
クラシック以外のアーティストでは初めて「ドイツ・グラムフォン」と契約。ユーディ・メニューインから「次代を担う天才」と称賛されたのはラカトシュが19歳の時だった。

クラシックではナイジェル・ケネディ、ワディム・レーピン、ジャズではステファン·グラッペリ、ビレリ・ラグレーン、ランディー・ブレッカーらジャンルを問わず世界の巨匠たちとの共演を果たし、ニューヨーク・カーネギーホール、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールなど名だたる劇場で成功を収める。


●ラースロー・ボーニ(第2ヴァイオリン)
1968年ブタペスト生まれ。ラカトシュの父のもとでヴァイオリンを学ぶ。
日本への来日多数。ラカトシュ・アンサンブルへ加入して25年となる。

●カールマーン・チェーキ・ジュニア(ピアノ)
1982年ブタペスト生まれ。
父(カールマン・チェーキ)もピアニストであり、ラカトシュ・アンサンブルのメンバーであった。
幼いころからジプシー音楽、クラシック、ジャズなど様々なジャンルをピアノだけでなく様々な楽器を学ぶ。

●イェヌー・リステシュ(ツィンバロン/スネア・ドラム)
1986年ブタペスト生まれ。若い世代の中で最も才能のあるツィンバロン奏者とされる。弱冠12歳でツィンバロンコンクール入賞。ブタペストのフランツ・リストアカデミー卒業。

●ラースロー・バログ(ギター)
1987年ブタペスト生まれ。幼少時ツィンバロンを学び、12歳よりギターに転向。

●ラースロー・リステシュ(コントラバス/エレキ・ベース)
メンバー最年少。ツィンバロンのイェヌーとは兄弟である。9歳までヴァイオリンを、その後コントラバスを学ぶ。

現在販売中のチケット

  • イベント名
  • 公演日
  • 公演会場
  • 申込受付

チケット先行予約特典有り!
R'sWEBメンバー募集中!

すでに会員のお客様はこちら

トピックス

R'sアートコートのご案内
労音が運営するレンタルホール。ホール情報・催事スケジュールはこちらからどうぞ。
第九合唱団募集中
毎年東京文化会館で行われている第九演奏会での合唱団を募集しています。

ü ページトップへ