東京労音コンサートガイド
Ro-On

USER こんにちは、ゲストさん

五輪真弓

五輪真弓

アーティストプロフィール

名前    五輪真弓(いつわまゆみ)
生年月日  1951.1.24
出身地   東京都中野区

1967年
高校1年生の時、卒業する3年生のための送別会があり、全校生徒の前で歌う。

1967年
高校2年生の時、同級生の友達と二人で女性フォークデュオ「ファンシーフリーシンガーズ」を結成。

1968年
ファンシーフリーシンガーズは高校3年生の時、TBSテレビの朝番組「セブンツーオー(7:20)」に取り上げられ、PPMの「ハリー、サン、ダウン」を歌う。

高校卒業後は、神田のYMCA英語学校へ入学。しかし半年後に退学し、音楽活動を始める。

1970~71年
東京、銀座でギターの弾き語りのアルバイト、その後渋谷のジャンジャンで歌う。短期間、米軍キャンプをまわり、「テネシーワルツ」が好評になる。
ニッポン放送「バイタリス、フォークビレッジ」のオーディションに合格し、同番組の全国にわたる公開録音に出演。
「メドガーエバースララバイ」敬愛するジョニ、ミッチェルの「青春の光と影」「ウッドストック」などがレパートリー。
71年後期初めての作曲活動に入る。

1972年
6月:画期的なLP制作のため渡米。L.Aのクリスタルサウンドスタジオで、ジョン、フィッシュバックプロデュースによるファーストアルバムのレコーディングを行う。
キャロル・キングとの衝撃的な出逢いが話題になった。このあと何作かアレンジを手がけることになるデビッド、キャンベルと知り合う。
9月:五輪真弓ワンマン・レーベル「UMl」発足。
10月:CBSソニーより、アルバム、シングル「少女」でデビュー。『五輪真弓/少女』を発表。

1973年
4月:再び渡米。クリスタルサウンドスタジオでレコーディング。
7月:LP『風のない世界』発表。「昨日までの思い出」がシングルカットされる。
後期:「煙草のけむり」がパイロット万年筆のCMに使われ、アルバムから2枚目のシングルカット。
渋谷ジャンジャンにて初ライブの収録。
メンバー;深町純(p.keyboard)、村岡健(sax)、大村憲司(gitar)、高水健司(bass)、村上秀一(dr)

1974年
2月:シングル「冬ざれた街」発表。
3月:ライブ盤「冬ざれた街ライブ」発表。
4月:三度目の渡米。ハリウッド クローバースタジオでレコーディング。
7月:LP『時をみつめて』発表。
11月:アメリカより“セクション"のメンバー(リーランド、スカラー。クレイグ、ドーギー)を招き、
   ジャンジャンにてセカンドライブの収録。

1975年
2月:NHK銀河小説『僕たちの失敗』テーマソング「落日のテーマ」発表。
3月:ライブ盤「本当のことを言えば」を発表。
春:L.Aよりデビッド、キャンベル(アレンジメント、ビオラ)とローレン、ニューカーク(p)を招いてコンサート。
  その中の数曲が「MAYUMITY」に収録される。
夏:東京八王子の山地に開発された住宅地の一軒家を購入、そこでニューアルバムの自宅レコーディングを行う。
  防音設備がないため苦情が殺到、近隣の人達を招いて歌を聴いてもらいながら会議を開くことに。
  しかしながら出来上がった音はひじょうにナチュラルで、本人曰く
「自分の声質が自然の空気の中で最大限に生かされた録音。」
  細野晴臣、鈴木茂との初セッションも収録。
10月:LP「MAYUMlTY/うつろな愛』発表。
12月:春のライブを収録した「The Show」を発表。

1976年
春:フランスのCBSレコードがアルバム「MAYUMITY..」を絶賛し、フランスでの活動をうながす。
12月:レコーディングのため渡仏。

1977年
4月:CBSフランスでアルバム『MAYUMl』(全フランス語)ヨーロッパ数カ国で発表。
18~30日、パリ・オランピア劇場で、アダモのコンサートにゲストとして招かれ歌った。
6月:LP『えとらんぜ』(日本語、フランス語)発表。プロモーションのため一時帰国。
下旬に、LP制作のため渡米。
ロスアンゼルス郊外のフィデイリテイ・スタジオでレコーディング。
10月:帰国後初のリサイタル。24~27日、渋谷のPARCO劇場第1回公演。LP『蒼空』発表。
徹底した体調管理を図るため、玄米、自然、菜食中心の生活が始まる。

1978年
3月:「さよならだけは言わないで」発表。
4月:5~8日、PARCO劇場第2回公演。
10月:過去に雑誌や新聞に掲載されたものを集めたエッセイ集『動かない時計』発表。
12月:2年ぶりのオリジナル・アルバム『残り火』発表。

1979年
3月:2~7日、PARCO劇場第3回公演=通算8回のコンサート“五輪真弓'79”
(三宅一生のファツションが話題となる)
7~8月:再度渡仏。オリジナルLPレコーディング。
11月:LP『岐路(みち)』発表。

1980年
3月:12~23日、PARCO劇場第4回公演。ロングラン・コンサートとなる。
4月:春の全国ツアー開始。
7~8月:オリジナルLP制作のため渡仏。
8月:シングル「恋人よ」発表。
9月:LP『恋人よ』発表。秋の全国ツアー開始。
12月:「恋人よ」で、日本レコード大賞において金賞を受賞。
   NHK紅白歌合戦に初出場、「恋人よ」を歌う。

1981年
3月:PARCO劇場第5回公演。連日29ステージという超ロングラン・コンサート。
4月:春の全国ツアー開始。
7~8月:LP制作のため6度目の渡仏。
9月:LP『マリオネット』発表。
10月:秋の全国ツアー開始。

1982年
2月:香港スタジアムで、初のワンマン・コンサート。
9月:シングル「抱きしめて(愛は夢のように)」発表。
10月:LP『潮騒』発表。(「心の友」収録盤)

1983年
前期:過労のため入院。
10月:LP『窓-せめて愛を-』発表。

1984年
1月:結婚。
3月:パリ郊外の教会で挙式。
4月:所属事務所ミュージカル、ステーションを退社。独立。夫、鈴木宏二とともに五輪真弓音楽事務所「ロレイユ」を設立。
7月:LP『熱いさよなら/1984五輪真弓ライブ』発表。(このアルバム発表後、1985年12月5目のニュースタートまで、産休に入る。)

1985年
1月:長男出産。
12月:ニュースタート。オリジナルLP『風の詩』発表。

1986年
4月:シングル「時の流れに~鳥になれ~」発表。
5月:インドネシアジャカルタのスナヤン コンベンションホールで、ワンマン・コンサート。
9月:オリジナルLP『時の流れに』発表。
10月:ニュースタートツアー「オータム・ツアー86“時の流れに"」開始。
12月:「時の流れに」でNHK紅白出演。

1987年
4月:関西テレビ、フジテレビ系サスペンスドラマのテーマソング 「そしてさよなら」発表。
5月:オリジナルアルバム『Wind and Roses』発表。 春の全国ツアーを行う。

1988年
9月:オリジナルアルバム『ノスタルジー』発表。

1989年
3~7月:春のコンサートツアー「ノスタルジー」全国約50ケ所で行う。

1990年
10月:17枚目のオリジナルアルバム『名もなき道』発表。 同時に、コンサートツアー「名もなき道」開始。

1991年
1月:台湾で、中国語の歌を含むアルバム「国境」をリリース。
9月:ベストアルバム『Anniversary Eve~Brand-New Best~』発表。
9月:長女出産。
11月1日:20周年記念アルバム『Another Face~English Best Selection~』発表。(代表曲の英語盤

1992年
5月:マレーシア公演。 (主催:国際交流基金、会場:プトラ・ワールド・トレード・センター、ゲスト:シーラ・マジツト
8月21日:20周年記念アルバム『The Memorial Album』発表。
10月(~'93.2月):五輪真弓20周年コレクションConcert Tour'92-'93開始。

1993年
2月:全作品(歌詞)集『鳥たちの歌』発表。
6月21日:20周年記念ベスト・コレクション『アンソロジーVol.1/Vol.2』発表。

1994年
2月21日:シングル「悲しみにまかせて」発表。
3月4日(~6月12日):全国コンサートツアー開始。
3月9日:ニューアルバム『Personal』発表。

1995年
12月:ニューアルバム『21世紀』録音終了。

1996年
2月1日:通算21枚目のオリジナルアルバム『21世紀』発表。
シングル「うたかた」発表。 ベストアルバム『ナウアンドフォーエバー』発表。
2月16日(~6月16日):全国コンサートツアー開始。
5月22日:シングル「恋は突然に」発表。
後期:この後コンサート活動を休止、育児に専念する。

1997年
1月22日:シングル「時は過ぎて」発表。

2000年
7月19日:シングル「愛の約束/心の歌」発表。

2002年
1月25日~2月9日まで「Time to Sing」のレコーディングで渡米。
20余年の歳月を経てL.Aと旧友のアレンジャー/デヴィッド・キャンベルとの再会。
スタジオは、とある一軒家のホームスタジオ。
2月20日:ベストアルバム『五輪真弓MAYUMI CLASSlCS』発表。
9月19日:コンピレーションアルバム『Japan-China Friendship 30th Anniversary 心の友』において「夢は時を越え」発表。

2003年
4月9日:ニューアルバム『Time to Sing』発表。
8月31日:六本木スイートベイジルにて7年ぶりのライブを行う。

2004年
4月17日~18日:東京オペラシティコンサートホールにて8年ぶりのホールコンサート「『Time to Sing』五輪真弓with新日本フィルハーモニー交響楽団」を行う。
8月8日:NHKホールにてコンサート「『Time to Sing』-encore in summer-」を行う。

2005年
8月24日:スマトラ沖地震チャリティCD『KOKORO NO TOMO 五輪真弓 duet with DELON』発表。
12月21日:ベストアルバム『MAYUMI THE BEST ~KOKORO NO TOMO』発表。

2006年
11月17日:NHK大阪ホールにてコンサート「五輪真弓 ~2006年 秋から~」を行う。
11月19日:東京国際フォーラム ホールCにてコンサート「五輪真弓 ~2006年 秋から~」を行う。      

2007年
10月31日:11年10ヶ月ぶりのオリジナルアルバム『Welcome』発表。
11月7日~11月30日:五輪真弓コンサート「2007 Welcome home」を全国10ヶ所で行う。

2008年
1月18日:NHK総合テレビ「プレミアム10 絆・被災地をつなぐ“こころの歌”~阪神大震災から13年」に出演。
在日インドネシア人の方々、 平原綾香さん、杉並児童合唱団と共に「KOKORO NO TOMO」を歌う。
3月18日:NHK総合テレビ「歌謡コンサート」に出演。「時の流れに~鳥になれ~」を歌う。
4月21日:フジテレビ「SMAP×SMAP歌謡祭」に出演。「恋人よ」を歌う。

2009年
2月16日:フジテレビ「HEY!HEY!HEY!名曲CHAMP」に出演。「恋人よ」を歌う。
7月24日:NHK BS2「あなたの街で夢コンサート」に出演。
8月22日:NHK総合第41回「思い出のメロディー」に出演。「恋人よ」を歌う。

i オフィシャルサイト

現在販売中のチケット

  • イベント名
  • 公演日
  • 公演会場
  • 申込受付

チケット先行予約特典有り!
R'sWEBメンバー募集中!

すでに会員のお客様はこちら

トピックス

R'sアートコートのご案内
労音が運営するレンタルホール。ホール情報・催事スケジュールはこちらからどうぞ。
第九合唱団募集中
毎年東京文化会館で行われている第九演奏会での合唱団を募集しています。

ü ページトップへ