お客様一人一人に合った住まいにするためにコストや工期なども含めて考慮し、希望する空間構成を整理してみてそれに見合った工法を使うように考えます。

 

 

木造軸組工法


 

 

 

 

ツーバイフォー(2×4)工法 

 

2×4工法(ツーバイフォー)は、規格化されたサイズの構造用製材を用いて建てる北米の伝統的な木造工法です。日本の在来工法が主に【梁と柱】により建物の骨格を組み立てる「軸組工法」であるのに対して、2×4工法(ツーバイフォー)の建物は【壁面と床面】によって建物を構成する「壁式構造(枠組壁工法)」となっています。優れた耐震性や耐火性、規格化された建築材料を多く用いることによる施工期間や建築費用面でのメリットが最大の特徴です。