セミナー・イベント開催案内

先端バイオ技術情報提供”未来へのバイオ技術”勉強会 更新日:2017年6月14日

"未来へのバイオ技術" 勉強会「健康食品であなたの健康が買えますか?」

 健康に関連する情報が世間に溢れている。なかには信頼性に欠ける雑多な情報もあり、商業主義に走るものも少なくない。健康維持のための食生活の基本は、必要な栄養素を過不足なく、バランスよく摂取することである。しかし、ちまたに溢れる食情報は、「これさえ飲めば○○不足解消」「この錠剤で健康長寿」「これを飲まなければ将来ヤバイ」と錯覚させるような「健康食品」類の宣伝文句で埋め尽くされ、首を傾げるものもあるどころか、却って身体によくないものもある。
 本セミナーでは、「健康食品であなたの健康が買えますか?」をテーマに2題講演を企画した。食の問題を今一度見直してみたい。【講演60分、質疑応答10分】

開催日時 2017年7月24日(月)
14:00~17:00
終了後、交流会あり
会場 (一財)バイオインダストリー協会
定員 60名
主催 (一財)バイオインダストリー協会
協力・協賛 (公社)日本農芸化学会、(公社)日本生物工学会(予定)
備考

17:00~17:30  名刺交換会

プログラム

14:10~15:20 「健康食品の臨床試験の問題点」
大橋 靖雄 氏(東京大学名誉教授 中央大学理工学部人間総合理工学科 教授)
演者は、生物統計学で、より健康な社会の実現をめざしている。生物統計学とは、基礎・臨床・疫学といった医学研究において、どのようにデータをとるか(調査 計画・実験計画)、どのように解析するか(統計解析)の方法論を提供する応用統計学で、1992年、日本初の生物統計学の講座を東京大学で開設した。
現在、研究室では、人が安心して健康的な生活を送れるように、医療や予防疫学にまつわるテーマを、生物統計学の立場から扱っている。Aという病気に対して、Bという新薬や食品が効いているのか、あるいはCという物質が悪影響を及ぼしているのかといった因果関係を探っている。
講演では、生物統計学から見た健康食品の臨床試験の問題点について、鋭く切り込む。
15:30~16:40 「食の安全について」
畝山 智香子 氏(国立医薬品食品衛生研究所 安全情報部 部長)
演者は、著書『「健康食品」のことがよくわかる本』の中で、「皮肉に聞こえるかもしれませんが、健康食品こそがもっとも不健康」と記している。天然や伝統といった言葉に人は惑わされやすく、問題ある成分を含む植物を使ったサプリメントや「中国本場の漢方薬」などの名前で、インターネット等で売られている。
「食品だから安全だろう」「自然食品と書かれているから体に良さそう」といった思い込みに惑わされずに、私たちはどう食べ、どう生きるのかについて語る。
16:40~17:00 総合討論

参加方法

講演会参加費 JBA法人会員、協賛学会会員:無料
JBA個人会員(アカデミア所属):無料
但し、JBA法人会員でない企業(事業者)に所属する個人会員は5,000円(税込)
非会員:10,000円(税込)
交流会参加費 無料
お申込み 下記フォームより、お申込み下さい。
お問合せ 〒104-0032
東京都中央区八丁堀2-26-9 グランデビル8階
(一財)バイオインダストリー協会
TEL:03-5541-2731
先端技術・開発部(担当:岸本、矢田、穴澤)

お申込みフォーム

7月21日12時をもって、申込み受付を終了しました。

前のページへ戻る

▲ページトップ