セミナー・イベント開催案内

発展基盤の整備科学技術と法規制更新日:2017年2月24日

カルタヘナ法相談会-カルタヘナ法の概要と研究開発・産業利用の留意点及び運用改善の周知-【東京会場】

 カルタヘナ法に係る適正な対応と遺伝子組換え生物を活用した研究活動や産業発展への一助とすべく、標記相談会を開催致します。

 本相談会では、経済産業省、文部科学省、厚生労働省、(独)製品評価技術基盤機構(NITE)より、カルタヘナ法第二種(研究開発及び産業)使用の実施に際して必要なカルタヘナ法の概要説明と運用改善の案内、並びに最近の具体的な事例紹介と申請に際しての留意点等について説明されます。
 個別相談会をご希望の方は、申込フォームの「備考欄」にご相談の概要を簡単にご記入ください。

 なお本相談会は、(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構の委託調査事業「遺伝子組換え生物等の閉鎖系使用に係る規制のあり方に関する検討」の一環として実施されます。

開催日時 2017年1月24日(火)
14:00~17:30
会場 TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター別館2F
定員 150名
主催 (一財)バイオインダストリー協会

プログラム

14:05~14:35 カルタヘナ議定書及び生物多様性条約に関する最新の国際議論動向
小林 麻子 氏(経済産業省 商務情報政策局 生物化学産業課 生物多様性・生物兵器対策室 課長補佐)
14:35~15:10 カルタヘナ法に基づく研究開発段階における第二種使用等について
太田桐 佳世子 氏(文部科学省 研究振興局ライフサイエンス課 生命倫理・安全対策室 事務官)
15:10~15:35 医薬品分野での第二種使用等に関する法規制について
石川 由 氏(厚生労働省医薬・生活衛生局 医療機器審査管理課 再生医療等製品審査管理室 主査)
15:45~16:10 カルタヘナ法第二種産業使用(鉱工業等)の概要について
末廣 祥平 氏(経済産業省 商務情報政策局 生物化学産業課 生物多様性・生物兵器対策室 審査係)
16:10~16:35 第二種使用等(鉱工業等)の申請書の記載方法について
小林 弘奈 氏((独)製品評価技術基盤機構 バイオテクノロジーセンター 安全・解析課 安全審査室 職員)
16:35~16:45 総合質疑・討論
16:45~17:30 個別相談会
(対応: 経済産業省、厚生労働省、(独)製品評価技術基盤機構(NITE))
※文部科学省は今回の個別相談会では対象外となります。

参加方法

講演会参加費 会員、非会員によらず無料
お申込み 下記フォームより、お申込み下さい。
【個別相談をご希望の方】
 お申し込みの際、相談をご希望の省庁をお選びいただき、「備考欄」にご相談内容を可能な範囲でご記入下さい。当日の個別相談では、名刺交換(連絡先・対応者の役職、氏名)と相談内容の確認をしていただきます。
※文部科学省は今回の個別相談会では対象外となります。
※1件あたりの時間は5~10分程度ですので、事前に相談内容のメモをご用意下さい。
※詳細な個別相談は、後日改めてお願い致します。
お問合せ 〒104-0032
東京都中央区八丁堀2-26-9 グランデビル8階
(一財)バイオインダストリー協会
TEL:03-5541-2731
(担当:村山・川嶋)

お申込みフォーム

1月23日17時をもって、申込み受付を終了しました。

ご報告はこちら

前のページへ戻る

▲ページトップ