このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公益財団法人 建築技術教育普及センター
  • English
  • サイトマップ

本文ここから

二級・木造建築士試験Q&A

(1)受験資格等に関するQ&A

Q1-1.受験資格はどのようになっていますか。

A

(1-4)受験資格をご覧下さい。

Q1-2.どのような業務が実務経験として認められますか。

A

建築士法の改正(施行日:令和2年3月1日)に伴い、「実務経験要件」が変更されました。「実務経験要件」は「令和2年3月1日以降」、「平成20年11月28日から令和2年2月29日まで」、「平成20年11月27日以前」とでは要件が異なります。

  • 令和2年3月1日以降・・・設計図書・施工図等の図書と密接に関わりをもちつつ、建築物全体を取りまとめる、建築関係法規の整合を確認する又は建築物を調査・評価するような業務
  • 平成20年11月28日から令和2年2月29日まで・・・建築に関する実務として国土交通省令で定める「設計・工事監理に必要な知識・能力を得られる実務」
  • 平成20年11月27日以前・・・建築に関する知識及び技能の養成に有効と認められる実務

詳細は、ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。実務経歴要件(令和2年3月1日以降の建築実務)(PDF:272KB)実務経験要件(平成20年11月28日から令和2年2月29日までの建築実務に適用)実務経験に該当する例(新旧対照表)をご覧下さい。

Q1-3.受験資格で、建築士法第15条第3号の「その他都道府県知事が特に認める者」とは、どういう者ですか。

A

例としては、外国の大学等を卒業し受験を希望した者となります。この場合、受験申込書へ所定の資料を添付して申し込む必要があり、受験申込後の受験資格審査(都道府県知事の認定)において受験の可否が判断されます。
外国大学等を卒業した場合の必要書類(二級・木造)へ

Q1-4.試験の時間割は、どうなっていますか。

A

(2-6)試験についてをご覧下さい。

Q1-5.過去の合格率はどのくらいですか。

A

二級建築士の合格率は、こちらをご覧下さい。
木造建築士の合格率は、こちらをご覧下さい。

Q1-6.過去の設計製図の課題を教えて下さい。

A

二級建築士の設計製図の課題は、こちらをご覧下さい。
木造建築士の設計製図の課題は、こちらをご覧下さい。

Q1-7.他の資格を取得するうえで優遇措置を受けるものはありますか。

A

建築設備士試験おいて、必要実務経験年数の短縮等があります。 インテリアプランナー登録において、インテリアプランナー試験合格後、実務経験年数0年で登録できます。また、土地家屋調査士、建築施工管理技士等において、一部試験免除等の優遇措置があります。

Q1-8.建築施工管理技士(一級又は二級)の資格取得者が受験する場合、優遇措置がありますか。

A

ありません。

Q1-9.貴センターでは、受験のための講習会を行っていますか。

A

当センターでは行っておりません。なお、受験のための講習会については、当センターは一切、関与しておりません。

(2) 受験申込に関するQ&A

Q2-1.試験のスケジュールを教えて下さい。

A

二級建築士の試験日程は、ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(PDF:97KB)をご覧下さい。
木造建築士の試験日程は、ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(PDF:96KB)をご覧下さい。

Q2-2.受験申込の受付期間、受付時間等を教えて下さい。

A

インターネットによる受付は、令和3年4月1日(木曜日)10:00から4月15日(木曜日)16:00までとなります。

Q2-3.受験申込書の入手方法を教えて下さい。

A

令和3年よりインターネットによる受付が原則となったため受験申込書の配布は行いません。
ただし、インターネットによる受験申込が行えない正当な理由がある場合は(身体に障がいがありインターネットの利用が困難である場合等)別途受付の方法をご案内いたしますので、お手数ですが4月7日(水曜日)までにセンター本部までお問い合わせ下さい。

Q2-4.受験手数料は、いくらですか。

A

二級木造建築士試験は18,500円(非課税)です。(他に、事務手続手数料が必要です。)

Q2-5.設計製図の試験のみ受験するのですが、受験申込の受付期間は学科の試験から受験する場合と同じですか。

A

同じです。

Q2-6.発行年月日が古い卒業証明書は使えるでしょうか。

A

使えます。ただし、平成21年度以降の入学者が提出する「指定科目修得単位証明書・卒業証明書」は、令和2年の試験から書式が変更となりました。旧書式は認められませんので、ご注意下さい。

Q2-7.外国の大学を卒業したのですが、どのような書類が必要ですか。

A

受験申込に必要な証明書類は、「外国大学等を卒業した場合の必要書類」をご覧下さい。

Q2-8.受験申込に必要な写真のサイズを教えて下さい。

A

無帽・無背景・正面上3分身、本人のみを写し、試験時に本人確認ができるデジタル化された写真(受験申込前6カ月以内に撮影したもの)で、写真のサイズは、幅665・高さ915ピクセルです。

Q2-9.実務経験年数の計算方法を教えて下さい。

A

「建築実務の経験」の期間は、最終卒業学校を卒業した日から「学科の試験」の前日まで算定できます。ただし、昼間の学校の在学期間(中退者の在学期間を含む)については、「建築実務の経験」の期間として認められません。

Q2-10.建築に関する学歴はありませんが、どうすれば二級建築士の受験資格が得られますか。

A

建築に関する実務の経験が7年以上あれば受験資格が得られます。

Q2-11.既受験者ですが、インターネット申込のための受験番号がわからないので教えて下さい。

A

建築士試験過去受験番号照会申請書により受験番号の照会手続きの申請をしてください。手続き方法はこちらの建築士試験過去の受験番号の照会についてをご覧下さい。

Q2-12.インターネットによる受付の申込手順と注意事項を教えて下さい。

A

ホームページの受験要領の「インターネットによる受付の手順と注意事項」をご覧下さい。

Q2-13 インターネットによる受験申込をしたのですが、受験申込内容の変更方法を教えて下さい。

A

入力した申込情報を確定後、その情報の一部を変更したい場合には、各試験のマイページから変更手続きを行って下さい。なお、変更できない項目(氏名、生年月日、現住所等)は、記載事項変更届の方法により変更手続きを行って下さい。「受験申込後の各種届出等
また、複数の試験場がある都道府県内での他の試験場への変更はできません。

Q2-14.パソコンもスマートフォンもないのですが、申込はどうすればできるのですか。

A

 原則、インターネット受付となります。
勤務先や学校、また、市区町村等の図書館等でもインターネット環境を提供している場合がありますので確認してください。

Q2-15.プリンターを持っていないのですが申込はできますか。

A

申込できます。
 ただし、宛名ラベルや受験票の印刷が必要となります。プリンターがない場合には、PDFファイルをスマートフォン等にダウンロードして、コンビニエンスストア等で印刷することも可能です。

Q2-16.スマートフォンだけで申込みできますか。

申込できます。
顔写真は、自分のスマートフォンで撮影して、自分宛てのメールに添付ファイルで送信する方法で使用して下さい。
ただし、宛名ラベル、受験票は印刷する必要があるため、PDFファイルをダウンロードして、コンビニエンスストア等で印刷を行って下さい。

Q2-17.メールアドレスを持っていません。申込みできますか。

申込みできません。
スマートフォン等の本人が利用できる家族共通等のメールアドレスでも使用可能です。またはGmailやYahoo!メールなどを取得のうえ登録して申込み下さい。(なお、携帯電話等のメールアドレスは制限が多く、メールの受信設定等が必要な場合があります。メールの受信設定は各携帯会社ホームページ等でご確認ください。)
また、迷惑メールなどの設定によりメールが届かない場合がありますので「info@jaeic-shiken.jp」からのメールを受信できるよう事前に設定をお願いします。

Q2-18.一つのメールアドレスで複数の申込みができますか。

申込みできません。
例えば、学科からと製図からの申込を希望される場合には、申込区分ごとに別のメールアドレスが必要となります。

Q2-19.申込を途中で中断した場合はどうなりますか。

改めて必要事項の入力が必要です。

Q2-20.受験資格区分を間違えたのですがどうすればよいのですか。

受験資格を証明する書類を郵送する際に同封する受験申込書(宛名ラベル等と一緒に印刷されます)の修正箇所を赤字で正しい区分を記入して下さい。

Q2-21.現住所の都道府県名の入力を間違えたのですがどうすればよいのですか。

現住所の都道府県は申込完了後には変更できません。記載事項変更届を提出して下さい。
記載事項変更届

Q2-22.写真が上手くアップロードできないのですが。

現在お使いのブラウザとは違うブラウザにて再度お試しください。また、顔写真のサイズは、幅665・高さ915ピクセルです。指定のサイズに加工する「顔写真切取ツール」が受付システム上にありますので、必ず指定サイズの顔写真を提出して下さい。
操作方法等については、ヘルプデスクへお問い合わせ下さい。

Q2-23.メールアドレスを間違えてしまったのですがどうすればよいのですか。

マイページにおいて変更して下さい。
その際にユーザーIDとパスワードが必要になりますが、ユーザーIDは登録したメールアドレスになりますので、ログインする際は誤って登録したメールアドレスとパスワードを入力したうえで、マイページから正しいメールアドレスに変更して下さい。

Q2-24.パスワードを忘れてしまったのですがどうすればよいのですか。

マイページにおいて必要事項を入力しパスワードの再設定を行ってください。登録されたメールアドレスあてにパスワードを送信します。

Q2-25.婚姻のため氏名が変更になった時はどうすればよいのですか。

昨年以前の受験申込時から氏名が変更となる場合(昨年以前に氏名の変更手続きを行なっている者は除く。)は、当時の氏名(旧姓)で受験申込を行って下さい。受付完了後、受験票発送予定日の3週間程度前までにこちらの方法により氏名の変更手続きをして下さい。その時期までに手続きを行わない場合は受験票には当時の氏名(旧姓)が印字されます。

Q2-26.過去に個人情報の使用について、使用不可にしていたのですが変更が可能ですか。

過去にすでに使用不可として登録された個人情報について、使用可能に変更することはできませんので、「新規の受験申込はこちら」からお申込みください。 なお、送付いただく証明書類は過去の受験票で問題ありませんが、免許登録時には受験区分に応じた証明書の提出が必要になります。
過去の受験票を紛失の場合は、受験資格を証明する書類をご確認のうえ、必要書類を送付して下さい。「過去の受験票、合否の通知書を紛失した方」

Q2-27.受験票はいつ頃発行されますか。

試験日の約2週間前からマイページよりダウンロードできるようになります。ダウンロードできる時期はメールにて通知します。受験票の郵送は行いませんので、 受験票を必ず印刷して当日試験会場にお持ち下さい。
スマートフォンの画面上の受験票では試験が受けられませんので、ご注意下さい。

Q2-28.試験会場の変更はできるのですか。

同じ都道府県内においての試験会場の変更は認められません。
なお、試験地の変更については、転勤等のやむを得ない事情があり、かつ、センターに申請し承認を受けた場合に限り変更を認めます。試験地変更の詳細はこちら

Q2-29.証明書類が未だ手元にありません。いつまでに送付すれば良いのですか。

証明書類は、インターネット受付時に準備して下さい。
令和3年4月22日(木曜)必着でセンター本部まで簡易書留で郵送してください。期日までに提出されない場合、受験申込が無効となりますのでご注意ください。

Q2-30.証明書類が間に合いそうにないのですが何か方法はありますか。

ありません。
必ず、令和3年4月22日(木曜)必着でセンター本部までに簡易書留で郵送して下さい。

Q2-31.受験手数料の支払い方法はどうするのですか。

インターネット受付時にセンターのホームページにおいてセンターの指定するクレジットカード(センターのホームページにおいて指定するものに限る。)又はコンビニエンスストア決済のどちらかを選択してお支払い下さい。

Q2-32.証明書に学校課程コードの記載がないのですがどうすればよいのですか。

平成21年以降の入学の場合:
「指定科目修得単位証明書・卒業証明書」の提出が必要で、この証明書には学校課程コードの記載があります。証明書のサンプルは新規ウインドウで開きます。こちら

平成20年以前の入学の場合:
「卒業証明書」の提出が必要で、この証明書には学校課程コードの記載はありませんので、「学校名」、「学科・専攻名」等を入力してください。

Q2-33.証明書の氏名と名前が違うのですがどうすればよいのですか。

婚姻等の理由により氏名が変更になっている場合には、氏名の変更が確認できる書類(戸籍抄本又は戸籍謄本の原本等)と証明書を同封してセンター本部宛に郵送して提出して下さい。

Q2-34.領収書が発行できないのですがどうすればよいのですか。

クレジットカード決済に限り、マイページより領収書の発行が可能です。ただし、領収書の発行は2回までとなります。
コンビニエンスストア決済の場合は、店頭で発行される領収書が正式な領収書となります。紛失されないように大切に保管して下さい。

Q2-35.受験票が印刷できないのですがどうすればよいのですか。

マイページの受験票印刷画面とプリンターの設定を確認して下さい。
なお、受験票が印刷できるようになるのは、試験日の約2週間前となります。ダウンロードできる時期はメールにて通知します。
受験票は必ず印刷して当日試験会場にお持ち下さい。
スマートフォンの画面上の受験票では試験が受けられませんので、ご注意下さい。
なお、ダウンロードできる方は、受験資格有りと判定された方に限ります。

Q2-36.還付請求書が印刷できません。

還付請求書の発行は、受験申込が無効(提出期限までに証明書が未着の方)の方に限ります。

Q2-37.受付完了メールが届かないのですがどうすればよいのですか。

登録されたメールアドレスに誤りがないか、を確認して下さい。
 迷惑メールなどの設定によりメールが届かない場合がありますので「info@jaeic-shiken.jp」からのメールを受信できるように事前に設定の変更をお願いします。
  なお、マイページから申込状況を確認することができます。

Q2-38.入金メールが届かないのですがどうすればよいのですか。

登録されたメールアドレスに誤りがないか、迷惑メールに振り分けられていないかなどを確認して下さい。
また、「info@jaeic-shiken.jp」からのメールが受信拒否となっていないか等を確認して下さい。

Q2-39.受験資格を証明する書類の到着メールが届かないのですが。

登録されたメールアドレスに誤りがないか、迷惑メールに振り分けられていないかなどを確認してください。また、「info@jaeic-shiken.jp」からのメールが受信拒否となっていないか等を確認してください。

Q2-40.試験会場はいつわかるのですか。

試験会場は受験票でお知らせします。
受験票は、試験日の約2週間前からマイページよりダウンロードできるようになります。ダウンロードできる時期はメールにて通知しますので、受験票は必ず印刷して当日試験会場にお持ち下さい。
スマートフォンの画面上の受験票では試験が受けられませんので、ご注意下さい。

Q2-41.特別措置の入力方法を教えて下さい。

受験申込情報入力画面において、「受験特別措置希望有無」欄にチェック(レ点)を入れ、障がいの症状と希望する配慮の内容を入力して下さい。
また、特別措置申請書等を受験申込画面またはマイページからダウンロードして記入しセンター本部あて郵送して下さい。(なお、障がいの程度、試験場の都合等により希望する措置を受けられない場合があります。)※妊娠により、座席の配慮等を希望する場合も上記と同様です。

Q2-42.コンビニ決済は何時までに支払いが必要ですか。

4月16日(金曜)23時59分59秒までにお支払手続きを完了して下さい。この期日を過ぎると申込みは無効となります。

Q2-43.コンビニの支払期日を過ぎてしまったらどうなりますか。

支払期日を過ぎた場合には申込みは無効となります。

Q2-44.漢字の入力ができません。

申込情報を入力する際に使用する文字は、「JIS第1水準・第2水準」として下さい。それ以外である場合は、表示できる文字(類字)で入力して下さい。

(3)受験に関するQ&A

Q3-1.試験場を教えてください。

A

二級建築士の試験場は、こちらをご覧下さい。
木造建築士の試験場は、こちらをご覧下さい。

Q3-2.受験申込記載事項に変更があった場合の届出方法、提出書類を教えてください。

A

受験申込後、氏名、住所地(現住所)、本籍地、試験地に変更がある場合には、封書で申し出て下さい。電話による変更の連絡は一切受け付けません。詳細は、こちらをご覧下さい。

Q3-3.受験票を紛失してしまったのですが再発行できますか。

A

マイページから再度ダウンロードし、必ず印刷したうえで当日試験会場に持参してください。
スマートフォンの画面上の受験票では試験が受けられませんので、ご注意ください。
なお、試験日当日紛失した場合、試験開始前に、直接、試験場の係員に顔写真の添付してある身分証明書(運転免許証等)を示し、その旨を申し出て、受験票の再発行手続きを行ってください。

Q3-4.設計製図の課題を教えて下さい。

A

二級建築士の設計製図の課題は、こちらをご覧下さい。
木造建築士の設計製図の課題は、こちらをご覧下さい。

Q3-5.学科の試験において、使用が認められる法令集について教えて下さい。また、法令集への書込みはどの程度まで認められますか。

A

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。 【建築士試験の「学科の試験」において使用が認められる法令集について】(PDF:1,957KB)をご覧下さい。

Q3-6.設計製図の試験において、使用が認められる平行定規、型板(テンプレート)について教えて下さい。

A

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。【「設計製図の試験」において使用が認められる平行定規と型板について】(PDF:180KB)をご覧ください。

Q3-7.平行定規を傾斜させるための傾斜台(まくら)は使用可能ですか。

A

傾斜用の軽易なまくらの使用は可とします。ただし、使用に際しての製図板の傾斜角度は30度以下とします。

Q3-8.合格者発表は、いつどのように行われますか。

A

(3-5)合格者の発表等をご覧下さい。

Q3-9.コロナ感染の状況で試験日の変更がありますか。

新型コロナ感染症などへの対策は、センターのホームページ(https://www.jaeic.or.jp/)に随時情報を更新しますので、定期的にセンターのホームページを確認下さい。

Q3-10.試験会場でのコロナ対策の実施について教えてください。

試験会場の実施については、コロナ感染症の状況により変動しますので随時センターのホームページをご確認ください。詳細は、二級建築士試験又は木造建築士試験の新型コロナウイルス感染症などへの対応についてを確認してください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

本文ここまで

サブナビゲーションここから

二級・木造建築士試験Q&Aリスト

  • 二級・木造建築士試験Q&A
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

公益財団法人 建築技術教育普及センター

Copyright © The Japan Architectural Education and Information Center All Rights Reserved.
フッターここまでページの先頭へ