商品検索
キーワード
価格範囲
円〜

お客様用ページ
メールアドレス
パスワード

6月頃再販予定予約【ガスブローバック】GHK/LCT AKM GBB リアルウッド&スチール モデル(本店取扱)
商品詳細

6月頃再販予定予約【ガスブローバック】GHK/LCT AKM GBB リアルウッド&スチール モデル(本店取扱)



商品名 6月頃再販予定予約【ガスブローバック】GHK/LCT AKM GBB リアルウッド&スチール モデル(本店取扱)
定価 65,000円
販売価格 55,000円
メーカー GHK/LCT
送料区分 送料別
配送タイプ ヤマト運輸 通常配送
在庫

数量:

最高クラスのリアリティを誇るエアガンを多数送り出すLCT社と、多岐にわたるガスブローバックガンを開発するGHK社の共同製品。

これほど実銃に迫った外観・操作感を持つAKのエアガンは中々お目に掛かれないと評判の、ガスブローバックAKです。

ハンドガードは木製、本体はスチール製となっており、重量も実銃とほぼ同じなので、手に持って眺めても到底エアガンとは感じられない恐ろしいリアリティを醸しています。

ガスブローバックガンとして、もちろん実銃と同様に コッキングして装填→射撃 の手順を楽しむことができ、撃ち切ると自動で作動も停止する(空撃ちにならない)機構となっており、どこまでもリアリティが追求されています。

内部構造も実銃にかなり似せた設計になっているため、バラバラに分解し組み立てながらニヤニヤするのも一興です。




AKMは、世界で最も有名なAK-47アサルトライフルの改良モデルです。

『アサルトライフル』というカテゴリの銃がまだ世界的には普及していなかった時代、ソビエト連邦では、ナチスドイツが開発し第二次世界大戦で高い戦果を挙げたStG44に着目し、ライフルとサブマシンガンの中間的存在となる銃の開発を進めていました。

初めに、ソビエト軍で一世紀以上にわたって採用されていた伝統的なフルサイズ・ライフル弾である7.62×54mmR弾と口径自体は同じものの、全長を短縮し装薬量を減らした、7.62×39mm弾が開発されました。

それは当初、1945年にオーソドックスな設計のSKSカービン・セミオートライフル用の弾薬として制式採用されますが、翌年、同じ弾を使用するセミ/フル切替機構を持つ新型ライフルの設計をミハイル・カラシニコフが提案し、軍の認可を受けて改良を重ね、それは最終的に『AK-47(Avtomat Kalashnikova-47)』として制式採用される事になりました。

AK-47は、過去の戦争の経験から、過酷な状況下で確実に作動し、なおかつ、精度の低い生産施設でも容易に大量生産が可能であることの2点を重視して設計されていました。

部品公差が大きく、ガスピストンと一体化した太いボルトキャリアは、射撃の際に過剰な発射ガスを受け力強く駆動するため、反動は強く命中精度に影響を及ぼすものの、それと引き換えに多少の砂塵や異物はものともせずに作動する驚異的な信頼性を勝ち得ることに成功しています。

また、標準搭載されたオープンサイトは、左右の照準微調整ができないため諸外国のライフルで一般的なピープサイトよりも精度には劣りますが、その反面、視界を広く明るくとることができ、とっさの近距離戦の際にも照準をつけやすいため、強襲にはうってつけと言えます。

AK-47の存在を特に有名にしたのは、やはりベトナム戦争で、ベトナム軍がソビエト純正のものや中国製コピーのAKシリーズを多用し、M14とM16で立ち向かったアメリカ軍に大打撃を与えました。

M14の取り回しの悪さや初期型M16の信頼性の低さに嫌気がさしたアメリカ軍兵士の中には、敵から鹵獲したAK-47を使う者もいました。


後継機種のAKM(AK Modernizirovannyj)は、1959年にソビエト軍に制式採用されました。

フレームをスチール削り出しからプレス加工に変更したことで生産効率が上がりました。

特徴的な竹槍型のハイダーは、白兵戦闘を意識してのものではなく、元のAK-47が重量バランスの関係から発砲時に右上に跳ね上がりやすかった為、銃口から出る発砲ガスの逃がし方向を意図的に偏らせることで、反動の軽減を狙ったものです。

現在のロシア連邦軍においては、主力の一線級部隊の装備は後継の5.45mm弾を使用するAK-74シリーズに更新されていますが、装備更新が遅い地方の二戦級部隊ではAKMは未だに現役であり、また、部隊によっては意図的に大口径の方を好んでAKMシリーズを運用している場合もあります。



全長:900mm
重量:3550g
装弾数:40発

※マガジンは、特定の角度からリップにBB弾が入れる構造になっています。
 ローダーに付属のアダプターを使用した上で、「約30度」の角度から入れてください。(説明書に記載)
 不適切な位置からBB弾を入れようとすると、ローダー破損の原因となりますのでご注意ください。

※動作が途中で止まるなどの症状が起こった場合、マガジン内のガスの冷えが原因です。
 適切な温度に温めて下さい。
 スチール製マガジンのため熱が伝わりやすいので、温め過ぎにもご注意ください。













 

 


【お問い合わせフォームはこちら】

電話によるお問い合わせも可能です。
営業時間内(午前11時〜午後10時)での対応となります。
店舗により取扱商品が異なりますのでご注意ください。

モデルガン用品/海外エアガン用品/中古品/模型
フロンティア本店:03-3901-2715

国産エアガン用品/サファリランド製品/プラノ製品
フロンティア2号店:03-3901-2748

また、店舗の混雑状況により一時的に電話に応対できない場合がございます。
その際はお手数ですが、時間をおいてお掛け直しください。


■お買い求めの際の注意■


【システム上の在庫表示について】

当店では店舗販売も行っており、在庫状況はリアルタイムではございません。
通信販売と店舗販売で在庫は共通となっており、注文が可能となっていても、入れ違いで在庫が無くなる場合がございます。
また、店舗で一時的に在庫が無くなったものの短期で再入荷可能な商品、またはメーカー在庫確認中の商品もシステム上では「注文可能」となっており、欠品が出る場合がございます。
お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただけますようお願い申し上げます。


【対象年齢について】

エアガン商品につきましては、低年齢向け商品という特記がないものについては、基本的に全て18歳以上対象商品となっております。
東京都都条例により、18歳未満のお客様への販売が禁止されている商品となります。

エアガン商品のご購入の際は、必ず「生年月日」の欄をご記入のうえご注文下さい。

生年月日のご連絡をいただけないお客様には、条例の遵守のため、エアガン商品の販売をお断りさせていただく場合がございますので、予めご理解とご協力の程宜しくお願い致します。


【商品の修理について】

修理対応につきましては、当店ではメーカーまたは代理店へ修理を委託させていただく形式をとっております。
修理依頼品の往復送料につきましてはお客様のご負担とさせていただいております。

お客様自身による改造、分解、修繕跡がある製品につきましては、お受けできかねますのでご了承下さい。
また、当店以外でご購入の品の修理依頼についてもご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

・国産エアガン/モデルガンの修理
国内メーカーの製品の修理につきましては、直接、メーカーサポートにご依頼ください。
ご不明な点などございましたら、お取次ぎもいたしますので、お気軽に当店までお問い合わせ下さい。

・海外産エアガンの修理
当店の取り扱いエアガンにつきましては全て、正規代理店を通して入荷した製品となっておりますので、
代理店経由にて修理の委託受付が可能となっております。
ご希望の際はお気軽に当店までご連絡下さい。

・その他、オプション、アクセサリ商品の修理
製造元の各メーカーの対応に準じます。
往復送料、部品料金、工賃手数料が掛かりますので、場合により、お買い替えの方をお勧めさせていただく場合もございますので、予めご了承下さい。


【返品について】

新品、中古商品ともに原則として返品はお受けしておりません。

商品の発送間違いの場合は対応いたしますので、1週間以内にご連絡下さい。
また、返品商品は必ず未使用状態でお送り下さい。

外装や付属品に破損・欠品がある場合や、1週間以上を過ぎている場合は、対応できないことがございます。

また、到着一週間以内でも、お客様都合による返品(「必要なくなった」「想像と違った」「他の商品に変えたくなった」など)のご要望はお受けしておりません。予めご了承ください。


商品の初期不良と思われる点がございました場合、詳しい症状を明記のうえ、お問い合わせフォームよりご相談ください。

メーカーや代理店が公式に初期不良と認識する不具合であった場合には、交換、または無償修理調整といった形で対応をさせていただきます。

やむを得ない仕様の範囲内であるとメーカーが認識する問題や、外観の仕上がりの問題などにつきましては、対応できない場合がございます。(海外製品は、代理店が正規保証するもの以外は、性能や外観への保証は基本的に無いものと予めお考えいただければ幸いです)


商品全般について、人の手で組立てを行い仕上げがされる都合上、メーカー出荷段階で作動痕や小キズが少なからず発生します。

入荷時は毎回スタッフが検品し、あまりに目立つキズ汚れや塗装ハゲなどの傷みがある製品に関してはメーカーに返品しておりますが、『完全無傷』の製品は、まずほとんど無いものとしてご了承ください。

通信販売の際は、お客様が現物をご確認できない都合上、当店の方で良品を比較選定のうえ発送できるよう勤めておりますので、何卒ご容赦下さい。