ご挨拶

  巻頭に際しまして、熊本地震、ならびに全国の降雨災害に遭われました皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

 

 昨今、さまざまな自然環境の中で軟弱地盤との取り組みは、建設業界のみならず、数多くの産業の課題でもありました。

 そんな中、当社はチカミグループの地盤改良専業者として、2001年に設立いたしました。

 

 日本は島国であり、沿岸、河岸、山間、埋立地には数々の軟弱地盤が存在します。そのような軟弱地盤を、これからは有効に安全に活用することが広く求められています。

 そして、これまで以上に自然環境との調和が重要な課題になっていきます。


 また、地震による液状化も深刻な問題となり、私たちの財産がいつなくなってしまうか不安な状態になっています。未然に液状化が起きない地盤を創造する必要があります。

 

 私たちはPVD工法、SPD工法、エコPD工法、DEEP工法等の地盤改良工事を通して、皆様が安心して暮らしていける、人と大地にやさしい環境作りを目指してまいります。

 

 地球温暖化の変化によるのか、国内でも今までに体験したことのない降雨がここ数年発生し、町全体が水没するような重大な災害が発生しています。

 当社は雨水貯留浸透技術協会に加盟し雨水を少しでも地下に浸透させることにより、災害を減らせるような努力をしております。


 また最近では、国内の工事のみならずタイ、ベトナム、シンガポール、インドネシアといった海外での工事も手掛けてまいりました。

 日本の土木技術を海外に伝達していくことも、私たちの使命だと考えております。

 

 私たちはお客様のどんな要望にも対応していきたいと思っております。


 これからも、お客様に満足していただける会社作りを目指すとともに、技術開発にも取り組んでいきたいと考えております。

 皆様のお役に立てるよう頑張ってまいりますので、ご用命がございましたら、何なりとお申し付けいただきたく存じます。

 


 

                       キャドテック株式会社   

   

                       代表取締役 赤金 秀孝