ADENIUM PREMIUM CLUB(アデニウムプレミアムクラブ)|長谷工不動産

Vol.27
冬場は特に危険!
「ヒートショック」の原因と
対策をご紹介

ヘルスケア プランナー
内藤 隆弘

自身の経験から、健康状態の維持を独自に研究。
日常生活の改善から、薬に頼らない生活習慣病予防やアレルギー対策まで、分野は幅広い。
コラムの執筆を中心に活動中。

ヒートショックとは?

冬に暖かいベッドから、とても寒いトイレに行くのは、大変つらいものです。
この暖かい場所から急に寒い場所へ行ったときの急激な温度差による健康被害のことを、「ヒートショック」といいます。
ますます寒くなるこの時期、ヒートショックの原因と対策についてご紹介します。

ヒートショックの原因

冬の脱衣所や浴室は、温度が10℃以下になることがあります。
寒い脱衣所で服を脱ぐと、体表面の温度が急激に10℃程度下がってしまいます。そうすると寒冷刺激により血圧が急上昇してしまいます。またその直後に暖かい湯船につかると急上昇した血圧は一気に低下します。この急激な血圧の変化が主な原因です。
次にヒートショックの原因である激しい温度差が発生する「浴室」でできる対策を見ていきましょう。

お風呂場のヒートショック対策

■ 脱衣所、浴室を暖める

お風呂に入る前にシャワーでお湯を出して浴室を暖める、浴槽のフタをせずにお湯をためて浴室を暖めるなど、温度差を小さく工夫している方もいらっしゃるかもしれません。もちろん効果がありますが、一番オススメの方法は、浴室暖房乾燥機の活用です。
入浴前に20分程度つけておくことで浴室全体が温まり、湯船との温度差を小さくすることができます。そしてそのときは浴室の扉を開けてください。浴室のみならず、脱衣所まで同時に温めることができます。

■ 熱すぎない40℃以下の湯温で入浴

熱すぎる湯船に浸かると血圧変動が大きくなるリスクがあります。湯船の温度をぬるめの40℃以下に設定しましょう。また、いきなり湯船に浸からず、かけ湯をしてお湯に体を慣らしてから湯船にはいることも大切です。そしてあまり長時間入浴しないように心がけましょう。体に負担が少ない半身浴もオススメの入浴方法です。

■ 一番風呂を避ける

高齢者や高血圧の方は、一番風呂を避けましょう。ご家族が入った後、浴室全体がよく暖まってから入浴するのが良いです。
高齢者の一人暮らしの場合は昼間や、気温が下がる日没の前に入浴すると、まだいくらか暖かいので、急激な温度変化を防ぐことができます。逆に深夜は気温が低いのでできるだけ入浴を避けましょう。

■ 入浴前後に水分補給を

体内の水分が不足すると高血圧になりやすいので、入浴前後に水分補給をしましょう。
湯船に浸かっているため気づきにくいですが、入浴中にかく汗の量は、500~800mlといわれています。ペットボトルを浴室に持ち込み、入浴中に少しずつ飲むとさらに効果的です。また、食後一時間以内や飲酒後は血圧が下がったり、脱水症状になりやすいので、入浴を避けてください。もし食後・飲酒後に入浴する場合は、2~3時間程度、間を置くようにしましょう。

まとめ

高齢者などヒートショックを起こしやすい方は、「原因」や「対策」を本人が十分に理解することが大切です。しかし、高齢者に限らず、30~40代の場合も例外ではありません。また生活習慣病の方も、大きな血圧変動には注意が必要です。
簡単にできるヒートショック対策、少しの気配りを大切にすることを心がけて生活しましょう。

2015年12月掲載
※掲載の写真は全てImage photoです。

ADENIUM PREMIUM CLUBは、
マイホーム情報やライフスタイル情報をお届けする、長谷工不動産が運営する無料会員サービスです。