ADENIUM PREMIUM CLUB(アデニウムプレミアムクラブ)|長谷工不動産

Vol.15
クロゼットの収納力を
アップさせるコツ

整理収納術アドバイザー
佐藤 えみ

収納家具部品メーカーを退社後、主婦業の傍ら自宅の収納改革に取り組む。
主に100円ショップで売られている商品などを活用し、独自の整理術を考案。
ご近所の主婦仲間で評判を呼び、現在では整理収納術アドバイザーとして活動中。

毎日洋服を出し入れするクロゼットの中は、いつの間にかごちゃごちゃしてしまうことが多いもの。頻繁に新しい洋服を購入しているわけでもないのに、自然と収納スペースが足りなくなりがちです。

クロゼットの中が雑然としていると、忙しい朝、着ようと思った洋服がなかなか見つからないなんてことも起きてしまいます。

そこで今回は、クロゼットの収納力を上げてすっきり使いやすくするためのポイントをご紹介したいと思います。

ハンガー掛け収納の基本

■ ハンガーは同じものを用意する

ハンガーの形や大きさ、色などがバラバラだと衣類が引っかかる原因になりますし、見た目もごちゃごちゃします。なるべく同じ種類のハンガーで揃えるようにしましょう。ハンガーが足りなくなった時は、安易に買い足すのではなく不要な洋服がないかを見直してみましょう。

■ ハンガーは向きを揃える

当たり前のようですが、クロゼット内でのハンガーの向きは揃えましょう。収納力が変わってきますよ。

■ 1本のハンガーには1着だけ掛ける

ハンガーが足りなくて1本のハンガーに2着以上の衣類を掛けたりしていませんか? せっかく掛けて収納していても、シワができたり伸びたりする原因になりますし、洋服を見つけにくくなってしまいます。

■ 丈の長さを揃えて並べる

ハンガーに掛けた衣類は、丈の長さの順に並べるようにしましょう。吊るした衣類の下に上手にスペースを作りやすくなります。

畳んでしまう衣類や小物収納の基本

■ 収納ケースを活用

吊るした衣類と床との間のスペースには引き出し型の収納ケースを置いて収納スペースを確保しましょう。

■ 畳んだ衣類は立てて収納

畳んだ衣類を積み上げて収納すると見つけづらいし、取り出しづらくなります。結果的に無駄なスペースも生まれがち。引き出しの高さに合わせて畳んで、立てて収納しましょう。

■ ブックエンドを活用

立てて収納する場合、衣類を取り出して空いたスペースが崩れがちです。一定間隔にブックエンドを置くと良いでしょう。

■ 小分けケースを活用

インナー類やスカーフなどの小物類は、引き出しにそのまましまってしまうと埋もれてしまい出し入れがしづらくなりがちです。小物収納用の仕切りが付いたケースなどを活用してすっきりと収納しましょう。

「吊るす収納」で収納力アップ

クロゼットの扉の裏側に、引っ掛けるタイプのフックやウォールポケットなどを取り付けることで収納力がさらにアップします。バッグやマフラー、ストールなど、置いたり畳んだりして収納していたものも、吊るす収納にすることでスペースを有効活用しつつ、使いやすくなりますよ。
アクセサリーを掛けておくためのコルクボードを扉裏やクロゼット内の壁面に設置するのもお勧めです。
クロゼットの収納力を上げて使いやすくするためには、一定のルールに沿って収納する習慣をつけることが大切です。新築分譲マンションの場合、棚板やバーの高さを調整できるシステム収納が設置されているケースが多いので、収納をカスタマイズしながら我が家のクロゼット内ルールを作ってみてくださいね。

2014年12月掲載
※掲載の写真は全てImage photoです。

ADENIUM PREMIUM CLUBは、
マイホーム情報やライフスタイル情報をお届けする、長谷工不動産が運営する無料会員サービスです。