ADENIUM PREMIUM CLUB(アデニウムプレミアムクラブ)|長谷工不動産

Vol.3
HEMS(ヘムス)だったら
消費電力が一目でわかる!?
マンションで省エネ生活。

環境ジャーナリスト
廣瀬 鉄之介

早稲田大学第一政経学部を卒業後、産経新聞社に入社し、経済・エネルギー記者として活動。
現在、エネルギー・環境ジャーナリストとして、各種出版物・ネットで執筆中。

自宅の電力使用状況を確認できる
HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム:ヘムス)

最近、HEMSの導入が盛んになっています。戸建住宅だけでなく、マンションにも普及し始めています。HEMSの普及は、私たちの生活スタイルを大きく変革すると予想されることから、“暮らしのエネルギー革命”とも呼ばれています。
HEMSは、文字通り、暮らしで使う家電製品などの電力エネルギー利用機器をネットワーク化し、利用の最適化や省エネ、電力消費の平準化などを図るのが目的です。これまでは、家電製品、調理器具、給湯器などをそれぞれ別個に操作し、節電、省エネを機器ごとに行っていました。
しかし、IT(情報通信)技術の進歩や革新に伴い、これらのエネルギー利用機器・装置をネットワークでつなぐことによって、それぞれの機器・装置におけるエネルギー消費が、モニター画面でわかる “見える化 (可視化) ”を可能にすることができるようになりました。可視化だけでなく、エアコンの温度調節や照明の明るさ調節など、ムダのないエネルギーの効率的利用、さらにはスマートフォンなどによる遠隔操作も可能になってきています。特にエアコンの場合、電源を入れてから涼しくなるまでに時間がかかります。帰宅前に、遠隔操作で早目に部屋の温度を下げておくことが可能です。

HEMS(ヘムス)の機能 エネルギー消費の見える化

エネルギー消費の見える化は、家族の電気の使い方、例えば、部屋の照明、テレビの視聴時間、エアコンの室温設定などのエネルギーの使用量がモニター画面に表示されるので、家族全員の省エネ意識が高まり、効果的に省エネの徹底を図ることができます。試算では、家庭における1年間の省エネ効果は約11%(※1)と言われます。
エネルギー消費の見える化は、このように、一人ひとりが使い方を自ら把握することによって、節約意識を高め、エネルギー利用の最適化を体得できる点が大きな特徴といえます。

※1.見える化による電気使用量の抑制効果:(財)省エネルギーセンター(2009年)

相次ぐ電気料金の値上げに対する救世主?

ここ数年、電気料金の値上げが家計に重くのしかかっています。電気は貯めておくことができないので、電力会社は電力の最大需要(ピーク時需要)に合わせて設備投資をしなければなりません。そのコストが、電気料金の値上げにつながる要因となります。特に、真夏日などの一時的な電力需要の急増に備えた設備投資は電気料金を押し上げる大きな要因になります。そうした場合、HEMSの導入は、エアコンの室内温度を自動的に調整し、快適性を損なうことなく電力消費を抑制することができますので、電力消費の平準化が進み、電力会社の設備コストの軽減が可能になるのです。このように、HEMSを導入することによって、マンション全体、さらには地域全体の電力の消費が最適化され、省エネと同時に長期的な電気料金の値上げ抑制効果が期待できます。

家電製品などをネットワーク化し、エネルギー消費を見える化したマンションは、スマートマンションと呼ばれます。スマートマンションは今後、IT技術の進展に伴い、より快適で、利便性の高い居住空間を私たちに提供してくれるでしょう。

2014年5月掲載
※掲載の写真は全てImage photoです。

ADENIUM PREMIUM CLUBは、
マイホーム情報やライフスタイル情報をお届けする、長谷工不動産が運営する無料会員サービスです。